結局全部自分が悪いという考えがいつもどこかにあるからなんとなく息苦しい。息苦しいと思うことも甘えだと感じる。どうしたらいいのだろう。いい加減で怠け者のくせに我儘。そして自分に自信がない。末っ子で甘やかされて我儘に育ったと家族に言われ続けてきたのが原因だろうか。家はごく普通の中流家庭で金銭的にも余裕があったし恵まれていたほうだと思う。両親の愛情が欠けていたとも思わない。歳の離れた姉と兄に小さい頃からかわれ続けたのが原因だろうか?自分を肯定できない理由を他に求めること自体がすでに傲慢だろうか。私は誰か人のせいにしたくてこんなことをいつも考えているのだろうか。自分を肯定できないのは誰のせいでもなく単に肯定できないようなことばかりやっている自分が悪いということか。もう訳がわからなくなってきて、最後に自分で自分にうんざりして終わり。その繰り返し。