6畳もない小さな薄暗い箱の中で私は何日も無駄に過ごす。誰の連絡からも逃げて逃げて逃げてどんどん孤立していく。やがて周りに人はいなくなり私は不安でたまらなくなるのだけど、頭の中でどうしようもないと繰り返すばかりであとはそこでそのまま腐り果てるのを待っている。そんな状態。

 

 

本当は淡々と日々起こったことを日記として記したいのだけど、つい内面の感情のことばかり書きたくなってしまうのは何故なのだ。書いたら書いたで自分の愚かさを再認識してしまうのが耐えられなくてブログから距離を置いてしまう。内面も見るに耐えないし、それを表現する文章力もない。嫌になる。自分が自分で恥ずかしい。

 

私は現実世界でよく自虐している。周りの人間はうんざりかもしれない。ブログでまでその癖がぬけない。人に指摘される前に、影で悪口を言われる前に、先回りして自分で自分を批難することで人に許しを乞おうとしているんだろう。先回って人に甘えようとしているのか。なんとくだらない人間になったものだ。

飲食店メモ

松栄(寿司)
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13003167/

 
嶋家(焼き鳥)
 
生粋(焼肉)
 
セルサルサーレ(イタリアン)
 
レガロ(イタリアン)
 
ロスレイエスマーゴス(スパニッシュ)
 

結局全部自分が悪いという考えがいつもどこかにあるからなんとなく息苦しい。息苦しいと思うことも甘えだと感じる。どうしたらいいのだろう。いい加減で怠け者のくせに我儘。そして自分に自信がない。末っ子で甘やかされて我儘に育ったと家族に言われ続けてきたのが原因だろうか。家はごく普通の中流家庭で金銭的にも余裕があったし恵まれていたほうだと思う。両親の愛情が欠けていたとも思わない。歳の離れた姉と兄に小さい頃からかわれ続けたのが原因だろうか?自分を肯定できない理由を他に求めること自体がすでに傲慢だろうか。私は誰か人のせいにしたくてこんなことをいつも考えているのだろうか。自分を肯定できないのは誰のせいでもなく単に肯定できないようなことばかりやっている自分が悪いということか。もう訳がわからなくなってきて、最後に自分で自分にうんざりして終わり。その繰り返し。

下の記事に載せているThreat - Empress Ofは今聞くとExtraよりClarkに似てる。J-waveからふと流れてきただけでこのアーティストのことは全く知らない。Threat - Empress Ofってどっちがタイトルでどっちがアーティスト名なの。ググってみたところEmpress Ofがアーティスト名なのだそうな。高校の頃友達に「お化けちゃんは"ぐっどもーにんぐ"と"さんきゅー"くらいしか言えない英語力だもんね⭐︎」と言われたのを思い出す。今は彼女の言葉通り仕事でhelloのスペルを間違え取引先に指摘・修正される立派な大人になった。

 

ブログってとにかく続かない。誰もいない場所で壁に向かって1人でブツブツ喋りかけてる気分になる。でも人のブログを読んでいてたまに心を揺さぶられる記事に遭遇すると自分もこんな風に誰かに何かを伝えたいという欲望にかられてしまう。